オリヒロの「青汁粒」を飲んだことがあります

オリヒロ製の「青汁粒」を一時期飲んでいました。この理由としては、普段から青汁(一般的な、水などに溶かして飲むもの)を飲む習慣があったのと、仕事としても青汁について知る必要があったからです。

特段、水などに溶かす青汁が苦手ではありませんでしたが、特にケールの場合やはりクセは強く、買ったは良いけれども飲めなくて人にあげた等、あるようです。このオリヒロの青汁粒はケールを主成分としているため、一体どれぐらい飲みやすいのか興味がありました。

やはり水に溶かすものよりは飲みやすいという結論でした。1日10-20粒を飲むわけですが、3錠を5回とかいった程度ならあまり味を感じないでも済みますし、逆に10錠を思い切って一気に飲むというのでも、水に溶かすものほどの風味は感じずに済みますね。

もちろん、青汁を作る「手間」というものもかかりません。

しかし錠剤タイプで意外だったのは、ササっと飲まないと口内で粒が崩れ、味が口に広がってしまうという現象です。これは製品により差がありますが、オリヒロは柔らかめでしたね。まあ、消化吸収が良さそうだとも言えるのですが。

また、飲みやすいだけに逆に飲み忘れが生じやすいとも感じ、この点は従来型(粉末)青汁と比べても一概にどうとも言えない部分です。

効果に関しては、特に際立ったものは感じませんが、青汁類全般に飲んで急にどうこうという話ではなく、ともかく栄養面から健康維持に良いと考えて摂取しています。オリヒロのあ青汁粒単独の効果は、1年ぐらい続けないとチェックできないと思いますが、他の青汁の平均ぐらいの質はあるように感じました。

価格的には400粒、約1ヶ月分前後を1,000円台でも入手できるのでお得かと思いました。また風味の問題が少ないため、青汁類の中でなら、人にあげるのにも比較的向く品物かと感じています。

口コミの内容は、あくまで個人の感想によるものです。薬の効き目を実証するものではありません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ