トップページ

私たちが普段飲んでいる様々な薬には、それぞれ違った成分・効用があります。もちろん服用方法もそれぞれであり、誤った用法で摂取していまうと、健康を阻害してしまう可能性があります。

このサイトでは、様々な薬の体験談を元に、日常生活をとりまく色々な病気や症状を理解し、それに対する正しい対処法を学んでいくことを目的としています。
皆様の健康的な生活へのお助けとなれば幸いです。

薬を飲む際に注意すべきこと

薬を飲む際に注意する点はいくつかありますが、「1包の薬をコップ1杯の水かぬるま湯で飲むように」という注意を受けます。
なぜコップ1杯もの水が必要なのかといいますと、少量の水で薬を飲んだ場合は血液中の薬の濃度の上がり方が悪くなるからです。
炭酸飲料や牛乳などで飲むのも、薬の効果が薄まる事に成りますので、オススメ出来ません。
濃度の上がり方が悪いと薬の効き具合にも影響してきますし、水なしで飲んだ場合は体内への吸収が遅くなるため、薬によっては体内で溶けることなく老廃物として排出されてしまいます。
またカプセル等の場合は、食道に引っかかったりくっつく事もあり、そのことが原因で食道潰瘍や肺炎などの病気を起こすことになりかねません。
病気を改善するために飲む薬ですが、間違った飲み方で別の病気を引き起こさないよう気をつけたいものです。

素人には同じ症状に見えても病気の程度は1人1人違うので、自己判断で薬を他の人に上げないようにすること、粉薬は特に湿気を嫌うので、保管方法に注意するなど、覚えておく事はたくさんあります。
投薬のたびに薬剤師から指導を受け、守るようにしましょう。

出来るだけ空腹時に服用しない方がいいと言われますが、それだけではなく、薬には「飲みあわせ」というのがあります。
成分の重なる薬を数種類飲むと、それが原因で体に不具合が出る場合がありますので、投薬中に他の医療機関にかかる場合は、今飲んでいる薬を持参して医者に伝えましょう。
お薬手帳を所有して、投薬を受けるたびに内容を書いていただくと、一目でわかって大変便利です。プロペシアなどの長い期間に渡り服用しているお薬ですと、薬であるという認識が薄くなってしまいがちですが、継続的に正しく服用しなければいけません。

乳幼児に薬を飲ませる場合は、いろんなものに混ぜるケースがあるかと思います。
「少しでも特有の味を感じずに飲ませたい」という事で、あの手この手を考えますが、混ぜてはいけないものというのも存在します。
オレンジジュースなどの柑橘系は、薬の種類によって苦みを引き出してしまいますし、スポーツドリンクやヨーグルトがダメなものもありますので、投薬を受ける時に薬剤師に確認する事です。

オススメサイト

  • 引越し費用がお安くなる業者をお探しなら、インターネットを活用して優良な引越し業者を見つけることが良い手段になります。口コミ情報なども参考にして、賢く業者を選びましょう。
  • 赤ちゃんも納得の快適の乗り心地!人気メーカーのベビーカー通販なら限定特価のコチラがオススメです。
  • 通勤や通学の際の時間つぶしに最適なのがスマホ漫画になります。本を持ち歩かなくていいので鞄の中でもかさばらないし重くならない点もうれしい限りです。

関連情報

  • 医薬品には、治療目的の薬効以外の副作用がでることがあります:薬の副作用
サブコンテンツ

このページの先頭へ